読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きですゴリラ

音楽と読書のデザインとハロープロジェクトの話

強い女性の集まり

ハロープロジェクトのアイドル、アンジュルムのコンサートを観に中野サンプラザへ行った。初めてサイリウムを持ってライブに行った感想は、輝度が思ったより高くて自分の挙動が目立ち恥ずかしいので、変な動きができない。たとえば知らない曲が流れても楽しいから適当に踊ったりおたく達のコールに合わせて振ってみたりするんだけど、その曲を知っていれば誰もがリズムを取りたくなる複雑なキメやコールについて行けていないのが明らかになる。逆に知っている曲は「これ知ってるよ〜!」と自信満々に光を振り回せるので楽しい。ただ、よく知っている曲でも私が踊りたい動きや好きなリズムとおたく達が統一しているコールは違うことが多く戸惑った。変な自意識を発動させたり周りと同調して喜ぶためにコンサートへ行くのは私の本来の目的と違うので、結局は何も持たずに好き勝手するのが一番楽しい。私が行った数少ないハロプロのコンサートで見出した楽しみ方は、前から個人的に面白いと思っていたお気に入りの振り付け(唐突におかしな動きになる部分など)を一緒に踊るのと、特徴的なコーラス(レコーディング映像が公開されている曲は、重ね撮りしたコーラスもしっかり聴ける)を周りに迷惑のかからない程度に小さく歌うこと。

アンジュルムのコンサートはすばらしかった。健康的な美しい筋肉、体中を使って響かせる歌声と、曲の空気感に合わせてくるくる変わる表情、ハロプロは強い女性の集まりだと改めて尊敬した。きっと、親に言われるままにオーディションを受けて以来なんとなく続けていたり、憧れのハロプロでデビューできたのが嬉しかったり、モーニング娘。に入れなくて悔しかったり、歳を重ねるうちに意欲や誇りを感じたり、卒業して普通の女の子に戻りたかったり、きっとそれぞれ口にはしない思いがある中、今日もステージで歌ってくれてありがとうございますと思う。私の好きな相川茉穂さんは病気の長期療養でお休みだったけど、ある曲の間奏では相川さんがソロでパフォーマンスしていた場面で彼女のメンバーカラーである緑色の照明になって(私は終演後お友達に言われて気付いた)、相川さんはステージを離れていても大切な仲間ですよ、というような優しい演出があった。

その他印象に残った部分として、オープニングで着ていたアルミホイルみたいなギラギラの衣装がダサくてよかった。ハロプロは骨格の美しい人が多いので衣装がダサくてもそれなりになるのがすごい。

 

室田瑞希さんというメンバーが研修生の頃から好きなんだけど、この「上手く言えない」という曲のダンスやノリは室田さんの魅力が詰まっていてとてもいい。中野で聴けなくて残念だった。


アンジュルム「上手く言えない」池袋サンシャインシティ