読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きですゴリラ

音楽と読書のデザインとハロープロジェクトの話

学校中の木の名前を調べたかった

 

小学生の頃、「総合」という科目があった。

総合的な学習の時間という名のもと、校庭でドッチボールをするお遊びのような時間になったり(私はドッヂボールがお遊びという感覚はなかったので苦痛だった)、他の科目の補習に充てられたり、ぼんやりした科目だった。

 

その中で忘れられないのが3年か4年の総合で、「自分で好きなテーマを決めてとことん調べ、自由な形でまとめて発表する」という私の総合史上最も有意義な課題。確か1〜2ヶ月かけて取り組んだ。

 私は「学校に生えている木の名前を全部調べる」というテーマを思いつき、やる気でいっぱいだった。祖母の影響で植物が好きだし、観察スケッチを描いたりレイアウトを編集(こう書くと大げさだけど、学校の授業はいかにノートを工夫してまとめるかが楽しみだった)することも好きだったから、植物図鑑みたいになったらいいな、と具体的な構想もできていた。

各自決めた内容を発表する時「学校中の木の名前を調べて図鑑を作りたい」と言うと、先生は「すばらしいテーマですね!」と褒めてくれた。テーマが大きすぎて漠然とした人や、まだ決まっていない人が多かった中、私のやりたいことだけがやけに具体的だったからだと思う。

すると先生がこんな提案をした。「とっても素敵なテーマなんだけど、1人で全部調べるのは大変でしょうから、あなたがリーダーとしてやりたい人を募って、皆で完成させるのはどうかしら。」まだテーマが決まっていなかった子が数人、やりたいと手を挙げた。最終的に10人ほどの大きなグループができて、各自がテーマに取り組む中、確か私たちだけがグループ課題となった気がする。

 

先生が提案した時の「良いこと思いついた!」という雰囲気に飲まれて逆らえなかったけど、本当はすごく悔しかった。私にとっては「自分で」学校中の木の名前を調べることが重要で、「自分で調べたことを一冊の本にする」という過程にわくわくしていた。それを、先生の思いつきでテーマが決められない人の救済策に利用されたことが嫌だった。自分だけの楽しみを勝手に拡散されて、横取りされた感じ。

結局3グループ程で手分けして調べて、みんなで絵を描いたんだったと思う。ショックでやる気を無くしてしまったのでよく覚えていないけど、図鑑は作れず、確か各グループがフォーマットもバラバラなまま模造紙にまとめて発表した。褒められたけど全く嬉しくなかった。

 

それから10年ほど経った大学2年生の時、履修していた造園学の最終課題が「植物図鑑を作る」だった。テストやレポートなど一切なく、オリジナルの植物図鑑を提出することで単位が頂けるなんて、小学生の自分に教えてあげたい。学校中の木の名前を調べるのは、小学校とは比べものにならないほど敷地面積が広く、それこそ私一人では難しく諦めた。最終的に、その時盛りの季節だったあじさいをテーマに、あじさいの歴史、あじさいの生態、あじさいの解剖、とことんあじさいにこだわった植物図鑑を作ったが、小学生の自分の夢を叶えてあげているようで楽しかった。