好きですゴリラ

音楽と読書のデザインとハロープロジェクト

荒れた天気にはダブらしい

台風が上陸した週末、とんでもなく体調が悪くて一日中横になっていた。気圧のせいらしい。普段は自分の体調が悪い理由を考えずにひたすら耐え忍ぶだけだけど、台風の日のおしまい加減は尋常でなかったので、気圧のせいなんだと思う。ここ5年くらい、365日中3…

とにかく居心地の良い河井寛次郎記念館

河井寛次郎記念館が大変よいところでした。「記念館」というと美術館のような空間を想像するけど、実際は寛次郎の設計した自宅のあちこちに彼の作品や蒐集品が並んでいるというつくりで、居心地のいい静かな古民家をのんびり気の済むまで探検した。今後、こ…

ツイートしなかったツイート3

「よくばりサラダ」や「一本満足バー」で満足できないし、「さらに嬉しい特典はこちら」は嬉しくない ボウルにいっぱいのたべっ子どうぶつ バイク川崎バイクに髪を切ってもらいたい 夏は服選びの基準が全て汗染みが目立たないかどうかになるので、服屋には小…

痴漢の現場に居合わせた自分の行動

朝の電車で痴漢を見てショックを受けた。ラッシュを過ぎて空いている車内、端の席に座った女の子から数席空けた場所に独特な雰囲気を漂わせた男性が座り、寝ぼけた(酩酊した?)ような様子で少しずつ彼女の隣まで近づき、最終的に足を触った。 女の子の対面…

お子さまランチが食べたかった

小さい頃、お子さまランチが注文できなかった。「お子さま」という言葉は「子ども」の敬語表現だけど、小さい時は他人を馬鹿にするニュアンスで触れることが多かったし、単純に子ども扱いされるのも恥ずかしい。 「お子さま」という言葉が嫌だからお子さまラ…

これからも買わないであろうもの

4〜6月に着るような丁度いい上着が必要だと思いつつ、買わないまま5年ほど経った。そういうものが必要になった時は、仕方なくやや厚手のコートを着てちょっと暑いか、ペラペラのカーディガンでちょっと寒い格好になる。服を選ぶのは好きだけどあまりお金がな…

遠隔飲み

今月に入ってから、「遠隔飲み」というイベントを数回開催している。各自好きな飲みものやおつまみを用意してモニター越しに宅飲みをするという、要するにただのビデオ通話なんだけど、遠隔飲みと称してイベントっぽくすると楽しいのでそうしている。 通話が…

100万円欲しい

100万円欲しいな。でも自分のプライドとか過剰な自意識が邪魔をして、前澤社長が「これをやったら100万円あげるよ」と言ったり、別に100万円要らない人がそのキャンペーンを賢く分析してるのを眺めていると、100万円が欲しくて欲しくてたまらない自分は、ウ…

ツイートしなかったツイート2

自分の住んでいる最寄りに24h(26時まででも可)のファミレスが欲しい 誰に言えば作ってくれるんだろう。 人との会話で卑屈になりすぎて発言のタイミングや言葉の選び方をよく間違えるうえに自分の話ばかりしてしまい、間違えたシーンと相手のリアクションが…

大人も子どもも楽しい話

おぎやはぎのめがねびいきだったか、別のラジオか、誰かのブログだったか…何で見聞きしたのか全然覚えていないんだけれども「大人は道とうまい店の話ばかりする」というのは本当だなと思う。あと病気の話。 小さい時、親同士や親戚の集まりで交わされる大人…

瓦を12枚割れる

最近、子どもの頃印象的だった気持ちや出来事を思い出す作業をしています 小学3〜5年生の期間、持っているぬいぐるみ(人形がついているキーホルダーも含む)全てを枕の周りに自分の決めたレイアウトで並べないと眠れなかった。朝起きたらぐちゃぐちゃにし、…

きれいな芍薬はうちに合わない

部屋に植物があると精神的にいいらしく芍薬を一本買って帰った。1週間ほどテーブルの上で眺めて気付いたんだけど、植物のチョイスを間違えたと思う。30mmほどある大きなつぼみの可愛さに惹かれてどんな花が咲くかよくわからないまま買ったら、数日経った今、…

ツイートしなかったツイート

エゴラッピンがカバーした荒井由実の曇り空すごく良かった 座って寝るのをやめたらここ一ヶ月悩んでいた謎の腹痛が消えた オリンピック閉会式の君が代が芸能山城組みたい。 実家のシャワーの水圧や温度調節に戸惑って、もうこの家の子じゃないと突きつけられ…

強い女性の集まり

ハロープロジェクトのアイドル、アンジュルムのコンサートを観に中野サンプラザへ行った。初めてサイリウムを持ってライブに行った感想は、輝度が思ったより高くて自分の挙動が目立ち恥ずかしいので、変な動きができない。たとえば知らない曲が流れても楽し…

冬の自分を律する

4、5年ほど体のあらゆる所にちょっとした違和感や不調を抱えたまま過ごしていて、このままじゃいけないと分かっているのに全然生活が改善できない。「こういう生活は若いうちで体力的にあと10年も続かないだろうな」とか呑気に思っていたけど、最近はこれっ…

学校中の木の名前を調べたかった

小学生の頃「総合」という科目があった。総合的な学習の時間という名のもと、校庭でドッチボールをするお遊びのような時間になったり(私はドッヂボールがお遊びという感覚はなかったので苦痛だった)他の科目の補習に充てられたり、ぼんやりした科目だった…

世界が「少ない」頃の悩み

とにかく運動が苦手なので、小・中学生の頃は学校が本当に嫌だった。 運動できない人が注目を浴びる羽目になる授業のシステムが怖い。週に2回は体育の授業があったし、運動会やマラソン大会は当日以外の練習もたくさんあったから、小学校6年間の7割は憂鬱な…

日記を始める

アンジュルムの相川茉穂さんが病気療養のため活動休止。 相川さん、ゆっくり休んで心穏やかな日々を過ごしてほしい。